憧れの洋館、日本にある歴史的な洋館からその魅力を学ぼう。

憧れの洋館スタイル

  • なぜ日本人は、洋館に憧れるのか
    • 戦前、日本人の畏怖と憧れの的
    • 日本の風土に合わせて、様式を変化
    • さまざまな物語の舞台にも
    • 代表的な洋館
    • 日本人建築家の最高傑作・東京駅
    • 外国人居留地の名残・神戸異人館
    • 長崎にある重要文化財・グラバー邸
  • 洋館スタイルの一戸建てに住もう!
    • 洋館スタイルの必須条件
    • スタイルの再現をどこまで要求するか
    • 注文建築で洋館を建てるには
    • 内面からのこだわり
    • 住み心地は?
    • 中古の一戸建てを買う
    • その中古の洋館、いつ作られた?

憧れの洋館スタイル

もしも自分の家を建てるなら…真っ白な壁に、明るいオレンジの屋根、アールを生かした柔らかな曲線の玄関ポーチ、芝生を敷き詰めた庭には、子供と犬が戯れる、そんな家を建てたい。そう考えると頭に浮かんでくるのは、瀟洒な洋館です。

もちろん日本文化と建築技術の粋が詰まっている日本家屋もそれはそれでとても魅力的なのですが、やっぱり洋館に憧れてしまいます。それに、戦後日本の生活様式は、欧米からの文化の到来により随分と変わり、生活スタイルそのものが欧米化したのですから、生活の場「家」が欧米に近づくことはとても自然な流れだと思います。実際に今建設されている家は、圧倒的に木造の日本建築よりも、洋風の家の方が多いと思います。

[注目サイト]

日吉の中古マンション
日吉近郊周辺で住みたい人。特別の中古マンション物件情報は、全国の不動産・住宅情報満載のリクルート(RECRUIT)のスーモが人気
http://suumo.jp/chukomansion/ensen/tokyutoyokosen/hiyoshi/__JJ_JJ010FJ001_arz1030z2bsz1011z2ekz133150z2raz1030014z2rnz10220.html

津田沼周辺で賃貸マンションを探しているカップルにオススメしたい!リクルートホールディングスが運営・管理しているスーモ「SUUMO」の津田沼の賃貸マンション情報です。>> 津田沼の賃貸はコチラ

しかし、「洋風」では納得できない。あくまでも「洋館」にこだわりたい。イメージはフランスのマノアー(manoir)と呼ばれる中世の領主の館を思わせる小さなお屋敷。華やかさと重厚さを兼ね備え、家を見上げただけで、物語の世界が広がるような、つい扉を開いて中を訪れたくなるようなそんな洋館が理想です。

しかし、いくら生活様式が欧米化したとは言え、やはりここは日本、いつまでも守りたい伝統や、生活習慣があります。そして、日本独特の気候風土があります。これらを全く無視した洋館作りは、「長く快適に暮らす場所」としては不向きです。日本で、憧れの洋館を手に入れるために、様々な角度から洋館について考えて見ましょう。

原宿の賃貸物件をお探しになっている社会人に一押しの株式会社リクルートホールディングスが管理・運営しているスーモの原宿の賃貸情報です。>> 原宿の賃貸詳細

憧れの洋館スタイル

なぜ日本人は、洋館に憧れるのか

多くの人を魅了する洋館は、歴史抜きに語れません。

洋館スタイルの一戸建てに住もう!

憧れの洋館を手に入れるため、知っておきたい洋風スタイル。